takosuke.xyzを閉鎖します

あけましておめでとうございます。

2018年もよろしくお願いします。

 

 

さて,表題の通りtakosuke.xyzを閉鎖することとします。

ドメイン更新が思いの外高く,サイトをそれほど使っていない(このブログのほうがメインになりつつある...)ので,勝手ながら閉鎖させていただきます。

 

また近くなりましたらTwitterでもお知らせするかと思いますが,5月~6月あたりで閉鎖としたいと思います。

 

それ以降はこのブログの方をメインサイトとしていきますので,よろしくお願いします。

ニコ動のコメントに思うこと

たつき監督降板騒動もあり、今後どうなるのか先が全く読めないけものフレンズですが、非常に多くの二次創作がいろいろなところでされていますね。

  

ニコニコで見ていると、いろいろな二次創作があります。

例の騒動をネタにした動画もあります。

 

が、騒動とは関係ないような二次創作に角川がどうとかコメントするのはどうかと思いますよ

MADに助けを求めるとかもうわかんねぇなぁ...。

 

じゃあニコニコで見なきゃいいじゃん?とかコメント非表示にすれば?という話なんですが、僕はコメント含めて一つの動画だと思うんですよ。

 

コメントでそういうのを書くのはやめようね!

二次創作を見てるときに、別の話題を持ち出されると楽しめないでしょ?

 

カドカワが無能なのはニコニコの運営からしてわかりきってるんですけどね。

給与計算するよ君 0.2.6を公開します

こんにちは。

 

HSPプログラムコンテストに応募した"給与計算するよ君"ですが、いろいろと問題点があることが発覚しました。

既に選考期間に入っているので、更新はできませんが一応バージョンアップ版(0.2.6)を上げておきます。

 

ダウンロード

 

頂いたご指摘の大半は僕の技術力不足で解決できていませんが、なんとかできる部分は改善したつもりです。

なんとかそれらしいものに仕上げたいので、どうか実際に使ってみて、不具合の報告をお願いします...!

 

takosukeでした。

自作PCを組みました

今回組んだPCの構成は以下の通り。

 

【CPU】AMD A10-9700E \9,631
【CPUクーラー】
【メモリ】W4U2133PS-4G [DDR4 PC4-17000 4GB 2枚組] \8,618
マザーボードA320M GAMING PRO \5,980
ビデオカード
【サウンド】
SSDSamsung SSD 120GB MZ-7LN120B/EC \6,380
【HDD】
光学ドライブ
【ケース】JONSBO U4 \6,780
【電源】KRPW-L5-400W/80+ \3,290
【ディスプレイ】LG 22MP48HQ-P 21.5インチ \11,910


【合計】¥ 52,589

 

予算5万円を若干オーバーしてしまいましたが、多少はね?

給与計算するよ君 0.2を公開します

お久しぶりです。

タイトルの通り、3か月ぶりに給与計算するよ君の公開です。

 

0.1との変更点は不具合の修正のみです。

時給の記憶機能は近いうちにつけますのでお待ちください。

 

ダウンロードはこちらから(zipファイルです)

LINEモバイルはいいぞ

こんにちは。

 

以前HUAWEI nova liteのレビュー記事でも書きましたが、僕はLINEモバイル ユーザーです。

LINEモバイルの凄さについて是非知っていただきたいと思います。

 

まず、MVNOとは...?

LINEモバイルは、MVNOの一つです。

 MVNOというのは、仮想移動体通信事業者ことです。これではさっぱりわかりませんね。

わかりやすく言いますと、ドコモやausoftbankキャリア回線を借りて、通信サービスを提供する業者のことを言います。

 

自社の回線を持たず、店舗数も少ないため格安でサービスを提供できるのです。

 

 MVNOで契約する際、使用するスマートフォンはセットで契約するか、自分で手配するか選ぶことができます。

これにより、自分が今まで使っていたスマホを再利用することもできますし、キャリアから販売されていない機種も選択することができます。

 

ですが、MVNOによって借りている回線は違います。スマホによって対応している回線は違いますので、自分でスマホを手配するときは注意が必要です。

MVNOで一番多いのはdocomo回線、その次にau、そしてsoftbankは僅かというようになっています(2017年9月現在)。中古のスマホdocomo機が高値なのは、ここが理由です。

 

今回紹介するLINEモバイルは、docomo回線です。docomoからでている機種と、SIMフリー端末が使用できます。

 

 

LINEモバイルは何がすごいのか

通信速度が速い

一般に、MVNOは通信速度が遅いとされています。もちろん、回線を間借りしている立場ですので、本家のキャリアより劣るのです。

特に回線が混雑するお昼時は、MVNOによっては相当遅くなったりします。

 

その点LINEモバイルは、時間帯関係なしにある程度の速度が出ています。MVNOの中では比較的優秀なほうです。

LINEモバイルの契約者数が増加し、速度が出なくなることも一時期ありましたが改善されました。そこもしっかり管理しているので好感が持てます。

 

LINEの年齢認証ができる

これはLINEモバイルならではの特徴です。

LINEの年齢認証は、大手キャリアの契約でないとできませんでしたが、LINEモバイルであれば認証を行うことができます。

 

カウントフリー機能がある

カウントフリーというのは、

対象サービスのデータ通信量をカウントしないカウントフリーを、各プランで提供しています。
データ容量を使い切っても(通信速度制限がかかっても)カウントフリー対象サービスの通信速度は落ちません。

というものです。カウントフリーの対象となるサービスは、プランによって異なります。

カウントフリーでも、サービスの一部通信は、カウントフリーの対象外となる場合があります。こちらのページからご確認ください。

mobile.line.me

 

 

大きく分けて3つの契約プラン(2017年7月末現在)があります。ここがシンプルで分かりやすいのもgoodポイントです。

  • LINEフリープラン
  • コミュニケーションフリープラン
  • MUSIC+プラン

一つずつ紹介していきます。

 

 

LINEフリープラン

これは名前の通り、LINEがカウントフリーとなります。トーク機能だけではなく、通話(ビデオ通話も対象)やタイムライン機能なども対象となっています。たくさん電話をしたり、トークで動画を送り合ったりする人にはうれしいですね。

 

カウントフリー以外で使える通信容量は1GBとなっています。

 

データ通信のみ・・・500円(税抜)

データ通信とSMS・・・620円(税抜)

データ通信と音声通話・・・1200円(税抜)

 

 

コミュニケーションプラン

僕が契約しているのはこのプランです。

このプランでは、LINEに加えてTwitterfacebookinstagramがカウントフリー対象となります。

 

LINEフリープランとは異なり、通信容量は3,5,7,10GBから選択できます。

SNSをたくさんやる人や、月に1GBでは足りないという人におすすめです。

 

コミュニケーションプランには、データ通信のみの契約形態はありません。

 

3GB

データ通信とSMS・・・1110円(税抜)

データ通信と音声通話・・・1690円(税抜)

5GB

データ通信とSMS・・・1640円(税抜)

データ通信と音声通話・・・2220円(税抜)

7GB

データ通信とSMS・・・2300円(税抜)

データ通信と音声通話・・・2880円(税抜)

10GB

データ通信とSMS・・・2640円(税抜)

データ通信と音声通話・・・3220円(税抜)

 

 

MUSIC+プラン

このプランは、コミュニケーションプランのカウントフリー対象に加えて、LINE MUSICでの通信がカウントフリーとなるプランです。

コミュニケーションプランと同様、通信容量は3,5,7,10GBから選択できます。

データ通信のみの契約形態はありません。

 

3GB

データ通信とSMS・・・1810円(税抜)

データ通信と音声通話・・・2390円(税抜)

5GB

データ通信とSMS・・・2140円(税抜)

データ通信と音声通話・・・2720円(税抜)

7GB

データ通信とSMS・・・2700円(税抜)

データ通信と音声通話・・・3280円(税抜)

10GB

データ通信とSMS・・・2940円(税抜)

データ通信と音声通話・・・3520円(税抜)

 

 

豊富なオプション

それぞれのプランに、別途でオプションを付けることができます。

 

端末補償オプション

落下や水没などの万が一のトラブルに備えたオプションです。

※このプランは契約時にのみ申し込みできるオプションです。

 

LINEモバイル購入したスマホでなくても、保証を受けることができます。

端末補償(LINEモバイルで端末を購入した場合)

月額・・・450円(税抜)

負担額(1回目)・・・5000円(税抜)
負担額(2回目)・・・8000円(税抜)

持ち込み端末補償(自分で端末を準備した場合)

月額・・・500円(税抜)

負担額(1回目)・・・4000円(税抜)
負担額(2回目)・・・8000円(税抜)

 

10分電話かけ放題オプション

10分以内の国内通話が、回数無制限で利用可能となるオプションです。

このオプションを使用するには、通話時に専用アプリ「いつでも電話」の使用が必要です。

月額880円(税抜)

 

このオプションを申し込まない場合、

・通常の通話アプリで通話した場合・・・20円/30秒

・「いつでも電話」で電話した場合・・・10円/30秒

という通話料になります。

 

LINE MUSICオプション

LINE MUSICが通常よりもお得に使用できるオプションです。

※LINEフリープランはこのオプションの適応外です。

月額740円(税抜)

 

回線契約時にこのオプションを申し込むと、最大2か月間0円・4か月間は500円で使用できます。

 

最後に

LINEモバイルの特徴やプランについて書きましたが、僕はやはりカウントフリーが非常に良いと思います。

wifi環境が無くてもTwitterで動画をたくさん見たり、LINEで通話をできたりするのは気分的にも本当に良いです。

 

 契約の際、以下のエントリーパッケージを購入すると、手数料3000円が無料になります。契約時は先にエントリーパッケージを購入することをおすすめします。

LINEモバイル データSIM(SMS付き)エントリーパッケージ (ナノ/マイクロ/標準SIM)[カウントフリー・iPhone/Android共通・ドコモ対応][3GB×2ヵ月プレゼントキャンペーン中]

 

ここで紹介したもの以外にもオプションもあり、ホームページも非常にわかりやすく作られているので、MVNOについてあまり詳しくない方でもわかるかと思います。

 

携帯代金を見直したい方は、一度チェックしてみてはいかがでしょうか。

mobile.line.me

 

 

 

それでは。

 

 

 

HUAWEI nova lite 使用レビュー

6月末にLINEモバイル経由でHUAWEI nova liteを購入しました。数か月経ちましたのでレビューを書いておこうと思います。

 

欲しい!と思える機種

今年2月に発売となったnova liteですが、1万円台(税込みで実質2万円台)でありながら

などを搭載するという革命的なスマートフォンとして、注目されていました。

発売後も価格コムのランキング1位が続くなどあり、僕も素直に欲しいなと思っていました。

しかし、端末単体での販売はなくMVNO などでのセット販売となっていたため、迷っていました。

 

LINEモバイルの契約

僕はwimax2+を自宅のメイン回線として使っており、外出時もルーターを持ち歩く、という使い方をしていました。

ですが、wimax2+は電車での移動時などで圏外になることが多かったり、3日で10GB通信すると制限がかかるなどデメリットがありましたし、自分の電話番号を持ちたいということもありました。

そこで、MVNOで契約をしてセットでnova liteを買ってしまおうという結論に至りました。

 

検討の結果、LINEモバイルを選ぶことにしました。大きな理由としては以下の2点です。

カウントフリーというのは、該当するサービスの通信料は、1か月の通信容量にカウントされないということです。

1か月に10GB近くLINEとTwitterを使っている僕には、ぴったりなサービスだと思い、決定しました。

 

nova liteの良い点

快適な動作

RAM 3GBなだけあって、非常に動きは快適です。アプリの更新をしながらYoutube を見ても、まったく問題ありません。

カメラが綺麗

Xperiaなどと比較すれば劣りますが、フォーカスが優秀だと感じました。プロモードというのがあり、シャッター速度やISOなどカスタマイズできるようです。正直素人でよくわからないので、普段は通常のモードで撮ってます。

ホームがすっきり

プリインストールアプリが少ないというのも、評価したいところです。少ないプリインアプリも実用的なものばかりで、キャリア端末も見習ってほしいものです。

ホーム画面はiPhoneのようにホームにすべてのアプリが表示される形式と、Androidおなじみのドロワー形式とで選べるようになっていました。Emotion UIの特徴です。

Google Nowランチャーなどのランチャーアプリも使うことができます。

指紋認証が便利

とにかく精度がすごい。指が触れた瞬間ロック解除されます。いちいち電源ボタンを押さなくていいのは本当に画期的です。

カバーがついてくる

透明プラの安っぽい感じのカバーですが、純正のため指紋認証の邪魔をすることもなく、気に入ってます。

 

nova liteの悪い点

ROMが16GB

ひと昔前なら十分であったが、16GBは少ないかもしれない。カメラの画質が良く、サイズが大きいだけに写真をたくさん撮る人はSDカード必須だと思います。

中国企業という不安感

ここは人それぞれですが、「国産のほうが安心!」「海外製はサポートがダメ」という人もいますが、HUAWEIはサポートもしっかりしているようなので、僕は特に不安はないです。

 

最後に

2万円程でこの(良い意味で)恐ろしい機種が手に入り、本当にHUAWEIに感謝です。2年くらいは使い続けようと思っています。

HUAWEIの端末は高級ものからこの機種のように格安ものまでラインナップが豊富ですので、ぜひ検討されてはいかがでしょうか。

 

それでは。